人気NFT「BAYC」が来年ゲームに、アニモカブランズと提携で

人気NFT「BAYC」がアニモカブランズと提携

人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club:BAYC」を制作するユガ・ラボ(YugaLabs)が、大手ブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズ(Animoca Brands)と提携し、NFTゲームの共同開発を進めることが12月13日分かった。

発表によるとこのゲームは「Play-to-Earn:P2E(遊んで稼ぐ)」スタイルのゲームとなるようで、来年の第2四半期(4月~6月)にリリースされる予定だという。なおその他の詳細については明かされていない。

「BAYC」は猿のキャラクターをモチーフにした全10,000点のNFT作品で、今年4月より販売が開始されている。9月には老舗オークションハウスのサザビーズ(Sotheby’s)で101点の「BAYC」をまとめた「101 Bored Ape Yacht Club」が約2440万ドル(約26億円)で落札されており、また10月には「Bored Ape #8817」の1点が約340万ドル(約3.8億円)で落札されている。

また「BAYC」は、大手スポーツファッションブランドのアディダス・オリジナルス(adidas Originals)のメタバース事業参入にあたり、アディダス・オリジナルスとコラボレーションすることが今月12月3日に発表されている。

またアニモカ・ブランズは、F1デルタタイム(F1 Delta Time)、サンドボックス(The Sandbox)、モトGPイグニッション(MotoGPTM Ignition)等のブロックチェー ンゲームの成功や、REVVやSANDなどの関連トークンの発表を経て、今年5月には評価額約1,000億円で約97億円の資金調達を実施し、ユニコーン企業となった大手だ。

関連ニュース

アディダスがメタバース事業参入、人気NFT「BAYC」とコラボも 

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

サザビーズに出品のNFT「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札 

参考:アニモカブランズ
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored