人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

人気NFT「BAYC」から音楽レーベル誕生

米グラミー賞受賞経験ある音楽プロデューサーのティンバランド(Timbaland)氏が、人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」をベースにした音楽レーベル「エイプ-イン・プロダクション(Ape-In Productions:AIP)」の立ち上げを11月13日発表した。

「BoredApeYachtClub」は米国を拠点とする企業ユガ・ラボ(Yuga Labs)が制作した、サルをキャラクターにしたNFTコレクションだ。

ティンバランドを含めて、NBA選手のステフィン・カリー(Stephen Curry)、米テレビ司会者のジミー・ファロン(Jimmy Fallon)などの有名人も「BoredApeYachtClub」のNFTを所有している。

なお9月にはサザビーズ(Sotheby’s)のオークションで、NFTコレクション「101BoredApeYachtClub」が約2440万ドル(約26億円)で落札された。

今回立ち上げれれたAIPは、メタバース・アプリケーションのための音楽やアニメーションを開発するエンタテインメントプラットフォームと企業であり、ティンバランド氏と一部の「BoredApeYachtClub」のNFT所有者が共同設立した音楽レーベル。

そしてAIPのヒップホップ・アクト「TheZoo」が、11月17日にデビュー曲「ApeSh!t」とNFTのコレクターズアイテムをリリースした。なおNFTは毎個0.25ETH、3000個限定で、執筆時点(11/17 15:00)で既に652個NFTが売れている。

またAIPはこれから制作スタジオの Bron Studiosと連携し、AIPのアニメーションシリーズやバーチャルコンサートを制作していく予定とのことだ。

関連ニュース

サザビーズに出品のNFT「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札

参考: Ape-In Productions
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み