チリーズ「Socios. com」メキシコ参入、クルブサントスラグナとアトラスFCのファントークン発行

チリーズ「Socios. com」がメキシコに初参入

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、メキシコ市場に参入することが11月16日分かった。

「Socios.com」を運営するチリーズは、メキシコのクラブ運営会社であるオルレギスポーツ(Orlegi Sports)と提携し、同社が運営するメキシコサッカーリーグのリーガMX加盟チームである「クルブ・サントス・ラグナ」および「アトラスFC」の公式ファントークンを発行するとのこと。

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

ファントークンを発行することでスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。この仕組みにより、チームとファンに新たなエンゲージメントを生み出すことが期待されている。

なお両チームの公式ファントークン「$ATLAS」「$SAN」の販売時期および価格などの詳細については、近日中に公開されるようだ。

チリーズは欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行している。既にチリーズと提携したスポーツ組織が90個を超えて、最近では欧州以外にもブラジル、アルゼンチン、韓国のサッカークラブとの提携も行っている。先月10月にもチリーズは初の市場参入としてコロンビアのサッカークラブ「ミジョナリオスFC」との提携を発表していた。

またチリーズは、サッカークラブに限らずNBAや格闘技団体やカーレースチーム、eスポーツチーム、クリケットチームとの提携及び公式ファントークンの発行も行っている。

関連ニュース

米国初、格闘技団体PFLがチリーズ(Chiliz)の「Socios.com」でファントークンを発行

サッカーイタリア代表、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

チリーズ「Socios. com」がコロンビアに初参入、ミジョナリオスFCのファントークン発行へ

セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

セリエA「ボローニャ」やトルコ「ガズィアンテプFK」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

参考:Socios.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ