TIS、ブロックチェーン貿易金融ネットワーク「Contour」と提携

TISが貿易金融プラットフォーム提供のコントゥールと提携

TISインテックグループのTIS株式会社が、ブロックチェーン技術を用いてトレードファイナンス(貿易金融)プラットフォームを展開するシンガポールのコントゥール(Contour Pte. Ltd.)と資本業務提携をしたことを12月13日発表した。

発表によるとこの提携によりTISは、コントゥールのサービスおよびマーケットの拡充支援を行う他、コントゥールの持つ貿易金融の業務知識・ノウハウの取得をし、日本国内の銀行・企業に向け貿易金融プラットフォームの導入支援サービスを展開することも検討するとのことだ。

またコントゥールは、TISグループであるタイのMFECや関連会社のベトナムのTinhVanともパートナーシップを締結しているとのことで、タイやベトナムをはじめとするASEANの銀行・企業にもプラットフォームの展開と開発を行っていくとのことだ。

コントゥールが提供する貿易金融プラットフォームは、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」を採用し、複雑な書類のやり取りをデジタル化し、シームレスでセキュアな取引を実現している。三井住友銀行など世界の大手15銀行がコントゥールのプラットフォームを利用して50ヵ国以上で取引を行っており、貿易金融の主要な形態であるLC(信用状)発行までの時間を90%短縮するなど業務の効率化に貢献しているという。

TISはこれまでも国内において、ブロックチェーン技術を活用した取り組みや動きを見せている。

10月にはブロックチェーン技術を活用した「環境価値移転管理システム」開発の発表、11月には「自己主権型アイデンティティ(SSI)」の事業展開に向け、和歌山県白浜町でEOSに基づくブロックチェーンプラットフォーム「EOSIO」を利用して実証実験を実施、また同じく11月には、ステラのブロックチェーンを活用した電力トレーサビリティシステム「ENECTION2020」を提供するUPDATER(アップデーター/旧社名:みんな電力)と資本業務提携を発表している。

関連ニュース

Marco Poloが切り開く、事業会社のための貿易金融〜山田宗俊(SBI R3 Japan株式会社)金タソム(株式会社三井住友銀行) 

貿易プロセスをより効率的に、海運コンソーシアムGSBNがContourと提携 

シンガポール拠点の貿易金融コンソーシアム「コントゥール(Contour)」のブロックチェーンプラットフォームが本番稼働 

TISとUPDATERが資本業務提携、脱炭素を実現するシステムやサービス提供目指す 

TIS、和歌山白浜でブロックチェーン活用の自己主権型ID実証実験へ 

参考:TIS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/prachanart・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。