TIS、ブロックチェーン貿易金融ネットワーク「Contour」と提携

TISが貿易金融プラットフォーム提供のコントゥールと提携

TISインテックグループのTIS株式会社が、ブロックチェーン技術を用いてトレードファイナンス(貿易金融)プラットフォームを展開するシンガポールのコントゥール(Contour Pte. Ltd.)と資本業務提携をしたことを12月13日発表した。

発表によるとこの提携によりTISは、コントゥールのサービスおよびマーケットの拡充支援を行う他、コントゥールの持つ貿易金融の業務知識・ノウハウの取得をし、日本国内の銀行・企業に向け貿易金融プラットフォームの導入支援サービスを展開することも検討するとのことだ。

またコントゥールは、TISグループであるタイのMFECや関連会社のベトナムのTinhVanともパートナーシップを締結しているとのことで、タイやベトナムをはじめとするASEANの銀行・企業にもプラットフォームの展開と開発を行っていくとのことだ。

コントゥールが提供する貿易金融プラットフォームは、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」を採用し、複雑な書類のやり取りをデジタル化し、シームレスでセキュアな取引を実現している。三井住友銀行など世界の大手15銀行がコントゥールのプラットフォームを利用して50ヵ国以上で取引を行っており、貿易金融の主要な形態であるLC(信用状)発行までの時間を90%短縮するなど業務の効率化に貢献しているという。

TISはこれまでも国内において、ブロックチェーン技術を活用した取り組みや動きを見せている。

10月にはブロックチェーン技術を活用した「環境価値移転管理システム」開発の発表、11月には「自己主権型アイデンティティ(SSI)」の事業展開に向け、和歌山県白浜町でEOSに基づくブロックチェーンプラットフォーム「EOSIO」を利用して実証実験を実施、また同じく11月には、ステラのブロックチェーンを活用した電力トレーサビリティシステム「ENECTION2020」を提供するUPDATER(アップデーター/旧社名:みんな電力)と資本業務提携を発表している。

関連ニュース

Marco Poloが切り開く、事業会社のための貿易金融〜山田宗俊(SBI R3 Japan株式会社)金タソム(株式会社三井住友銀行) 

貿易プロセスをより効率的に、海運コンソーシアムGSBNがContourと提携 

シンガポール拠点の貿易金融コンソーシアム「コントゥール(Contour)」のブロックチェーンプラットフォームが本番稼働 

TISとUPDATERが資本業務提携、脱炭素を実現するシステムやサービス提供目指す 

TIS、和歌山白浜でブロックチェーン活用の自己主権型ID実証実験へ 

参考:TIS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/prachanart・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored