アディダスがメタバース事業参入、人気NFT「BAYC」とコラボも

アディダス・オリジナルスがNFT活用でメタバース事業へ参入

大手スポーツファッションブランドのアディダス・オリジナルス(adidas Originals)がメタバース事業へ参入することが、公式ツイッターにて12月3日明かされた。

参入にあたり、NFT関連の投資家であるジーマネー(Gmoney)氏や、NFTマーケットプレイス「パンクス・コミックス(Punks Comics)」と連携するとのこと。

さらに人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」とのコラボレーションを行うようで、メタバース参入を発表したツイートの直前にアディダス・オリジナルスの公式アカウントのアイコンがコラボによるBoredApeに変更されている。

BAYCでは11月29日に先行して、アディダス・オリジナルスとのコラボのBoredApeを公式インスタグラムにて公開していたが、今回アディダス・オリジナルス側が正式に発表したことになる。

また発表のツイートには特設サイトへのリンクがあり、そのサイトでQRコードを読み取ると、紹介コンテンツが閲覧できる。

しかしサービス開始時期などの詳細については記載されておらず、BAYCとジーマネー氏、「パンクス・コミックス」についての紹介がされているのみだ。

アディダス・オリジナルスは11月25日にも、米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)との提携をツイッターにて発表しているが「コインベースと提携しました。おそらく何もないでしょう」というメッセージのみで、具体的なことは何も発表されていない。

またコインベース側も提携について握手の絵文字のリプライをしただけで、提携についての発表は行っていない。

今回のメタバース事業参入にコインベースとの提携が関係あるのかも不明だが、コインベースでは暗号資産での決済方法を提供する商取引プラットフォーム「Coinbase Commerce(コインベースコマース)」の提供をしている他、NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」を年内に開始するとしている。

関連ニュース

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

サザビーズに出品のNFT「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札

参考:adidas Originals
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Skillerbayer・Kateryna-Bereziuk

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored