人気NFTのBAYC運営「Yuga Labs」、CryptoPunksとMeebitsのIP取得

BAYC運営「Yuga Labs」、CryptoPunksとMeebitsのIP取得

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するYuga Labsが、NFTコレクションのCryptoPunksとMeebitsのIP(知的財産権)などを取得したことを3月11日に発表した。

具体的にYuga Labsは、CryptoPunksとMeebitsを運営のLarva Labsから、CryptoPunksとMeebitsのブランド、美術的著作権、その他の知的財産権を取得したとのこと。そしてYuga Labsは、423のCryptoPunksと1711のMeebitsを所有することにもなった。 ちなみに昨年8月に決済大手VisaがCryptoPunksを約1,820万円で取得したことで大きな話題となった。

また同社の法務チームは、CryptoPunksとMeebitsの保有者のための新たな権利条件を検討中とのことだ。最初のステップとして、同社はCryptoPunksとMeebitsの所有者に対して、現在同社運営のBAYCとMAYCの所有者が享受しているような商業的権利を付与する予定とのことだ。

実際にBAYCやMAYCの所有者は、2つのNFTをマーケティングに活用している。例えば、昨年11月に米グラミー賞受賞経験ある音楽プロデューサーのティンバランド(Timbaland)氏は、BAYCをベースにした音楽レーベル「エイプ-イン・プロダクション(Ape-In Productions:AIP)」の立ち上げを発表した。

なみにYuga Labsはサードパーティの開発者やコミュニティのクリエイターがCryptoPunksとMeebitsをweb3プロジェクトに取り込むことを期待しているという。

Larva Labs、CryptoPunksおよびMeebitsの共同創設者マット・ホール(Matt Hall)氏とジョン・ワトキンソン(John Watkinson)氏は次のようにコメントしている。

「Yuga Labsは、プロフィール画像プロジェクト(Profile Picture Projects :PPP)のイノベーターであり、これらのプロジェクトの運営において世界最高峰の企業です。また彼らはCrytoPunksとMeebitsの理想的なオーナだと思います。彼らの手にかかれば、新興の分散型ウェブにおいて、両コレクションが重要で活気のあるプロジェクトであり続けることができると確信しています」

参考:Yuga Labs
images:iStocks/Ilya-Lukichev・noLimit46
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored