米コインベース、暗号資産上場予定リストに16銘柄追加

コインベースが新規上場リストを更新

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、新規上場を予定している暗号資産のリストを更新したことが6月8日分かった。「検討中」から「計画中」に移行したのは16銘柄。また新たに4銘柄が「検討中」にリストされたとのこと。

発表によると「計画中」に移行した暗号資産16銘柄は、ERC-20トークンのAレフドットアイエム:Aleph.im(ALEPH)、クロノテック:Chrono.tech(TIME)、デックストゥールズ:DEXTools(DEXT)、ドレープ:Drep(DREP)、イラスト:Elastos(ELA)、ホッパートークン:Hopr Token(HOPR)、ロックトリップ:LockTrip(LOC)、マス:MATH (MATH)、モナヴィール:Monavale(MONA)、ミューズ:Muse(MUSE)、ネストプロトコル:Nest Protocol(NEST)、パールスィック:PARSIQ(PRQ)、スタファイ:StaFi(FIS)、セイロ:Sylo(SYLO)、TEフード:TE-Food(TONE)、そしてSPLトークンのメディアネットワーク:Media Network(MEDIA)となっている。

またあらたに「検討中」に追加された暗号資産として、オートマタネットワーク:Automata Network(ATA)、チェーン:Chain(XCN)、デーファイイールドプロトコル:DeFi Yield Protocol (DYP)、マリン:Marlin(POND)の4銘柄が報告されている。

「計画中」の16銘柄は、元々はコインベースが今年4月に公開した「今後新規上場する可能性がある暗号資産50銘柄のリスト」に記載されていた銘柄となる。

「50銘柄のリスト」に掲載されている暗号資産は、2022年第2四半期(4月1日から6月30日まで)に新規上場が検討されている銘柄となっており、現在バイナンスUSD:Binance USD(BUSD)、グリーンサトシトークン: Green Satoshi Token(GST)、ビットダオ:BitDAO(BIT)、コイン98:Coin98(C98)の4銘柄が既に上場している。

なおコインベースは、上場可能性のある暗号資産リストを公開する理由を、透明性の向上の為と説明している。

またコインベースは3月より、上場した新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental(実験的) label」を導入しており、リストされた銘柄にもこのラベルが付く場合があるという。

関連ニュース

米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

米コインベース、「BitDAO(BIT)」と「Coin98(C98)」上場へ

米コインベース、ポルカドット試験的ネットワーク「Kusama(KSM)」上場へ

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

米コインベース、暗号資産企業で「フォーチュン500」初選出

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/krblokhin

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored