米コインベース、「Forta(FORT)」上場へ

米コインベースでFORT上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産フォルタ:Forta(FORT)が上場することが6月16日分かった。

発表によるとFORTは、流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、6月16日中に取引開始される予定とのことだ。

取引ペアについては、FORT-USDをサポート後、段階的にFORT-USDTをサポートするとのこと。またFORTの取り扱いは、米コインベースのサービス対象全地域での対応となっている。なお日本は対象外。

コインベースは、新規上場を「検討中」および「計画中」の暗号資産リストを公開しているが、今回上場するFORTは同リストに記載がされていなかった銘柄となる。

また新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは市場の状況で取引量が増えた場合に、削除される。

Fortaは、web3システム上の脅威や異常をリアルタイムで検出する分散型監視ネットワークだ。独立したノードオペレーターの分散型ネットワークで、全てのトランザクションとブロックごとの状態変化をスキャンし、異常値のあるトランザクションや脅威を検出している。またFortaは、分散型金融(DeFi)プロトコルのコンパウンド(Compound)や、イーサリアムステーキング提供のリドファイナンス(LidoFinance)などが導入している。

現在サポートしているチェーンは、イーサリアム(Ethereum)、アバランチ(Avalanche)、ポリゴン(Polygon)、BNBチェーン(BNB Chain)、ファントム(Fantom)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)となっている。

またERC20規格のトークンFORTは、Fortaのノードランナーやノード検出ボットへのステーキング、ガバナンストークンとして利用できる。なお今月9日より早期アクセスユーザーやビルダーなどにエアドロップを実施しており、総供給枚数の4%がエアドロップに充てられるとのことだ。

FORTは現在、暗号資産取引所バイビット(Bybit)の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている(6/16 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースでDAR、POND、ATA、FIS上場へ

米コインベース、「Wrapped Ampleforth(WAMPL)」と「Index Cooperative(INDEX)」上場へ

米コインベース、暗号資産上場予定リストに16銘柄追加

米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

コインベース、「BitDAO(BIT)」と「Coin98(C98)」上場へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored