露スベルバンク、独自プラットフォームでデジタル資産取引を実施へ

スベルバンクがデジタル資産取引を来月実施

ロシア最大の商業銀行であるスベルバンク(SberBank)が、独自プラットフォーム上でのデジタル金融資産の取引を今後1ヶ月以内に実施する予定であることが分かった。露国営タス通信の6月15日の報道で明らかになった。

報道によると、スベルバンクはデジタル金融資産を発行するための事業者登録をすでに完了しており、独自プラットフォームにおける取引の準備は整っているとのこと。

スベルバンクの副社長であるアナトリー・ポポフ(Anatoly Popov)氏はタス通信のインタビューに対し「分散型レジストリを含む新しい技術の開発に注目し、ブロックチェーン技術がどのように発展していくかを研究しています。(中略)私たちのプラットフォームはすでに受け入れテストに合格しており、最初の取引は1ヶ月以内に行われる予定です」とコメントしている。

ロシアでは、ロシア中央銀行を中心として、リテール型の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタルルーブルの発行に向けて研究が進められている。ロシアで第2位の規模を持つVTB銀行はデジタルルーブルを利用したデジタル金融資産の購入テストを今年9月に行うことを発表しており、来年にはVTBのオンラインアプリを通じて一般のユーザーもデジタルルーブルにアクセスできるようになる予定とのことだ。

関連ニュース

ロシアのスベルバンク、デジタル資産の発行交換サービス開始へ

ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請

ロシア中銀が「デジタルルーブル」テスト開始、送金成功を報告

日銀の中央銀行デジタル通貨(CBDC)、概念実証フェーズ2へ

米金融規制機構FINRA、暗号資産市場の取組を強化

参考:TASS
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Pavel-Byrkin

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored