ロシア中銀が「デジタルルーブル」テスト開始、送金成功を報告

ロシア中銀が「デジタルルーブル」テスト開始

ロシアの中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタルルーブル」のテストが開始し、送金に成功したことが分かった。

ロシア連邦の中央銀行であるロシア銀行(Bank of Russia)の2月15日の報告によると、「デジタルルーブル」のプラットフォームのプロトタイプは昨年12月に完成していたことが明かされている。また国内の銀行12行がテスト参加への意向を示しているとのことだ。

今回成功したテストでは、12行のうち3行が「デジタルルーブル」のプラットフォームに接続したとのこと。うち2行はそれぞれが提供する銀行アプリを使用して顧客間の「デジタルルーブル」送金が成功したとしている。なお今回のテストに参加していない銀行については、システムが完成次第参加予定とのことだ。

送金までの工程としては、顧客が「デジタルルーブル」のプラットフォーム上にデジタルウォレットを開設し、銀行アプリから顧客口座内のルーブルを「デジタルルーブル」に交換。そのうえで顧客間で送金を実施したと説明されている。

ロシア銀行の今回の報告では、「デジタルルーブル」のプラットフォームは市民・国内企業・国家に新しい機会を提供するとしており、一般家庭では「デジタルルーブル」の送金手数料は無料となる予定で、企業はコスト削減されることで革新的な製品・サービスの開発が可能になるとしている。

「デジタルルーブル」のパイロットプロジェクトの第1弾では、今回行われた「個人間の送金」の他、銀行や家庭でのデジタルウォレットの開設などが行われるとのこと。第2弾については「小売店での支払い」「公共料金の支払い」「スマートコントラクトを利用した販売方法」「金融仲介業者やデジタルプラットフォームとの連携」などが提案されている。

なおこのパイロットプロジェクトの結果をもとに「デジタルルーブル」本格導入のロードマップが作成されるとのことだ。

ロシア銀行の第一副総裁であるオルガ・スコロボガトワ氏は昨年4月、「デジタルルーブル」は2021年末までにデジタルルーブルのインフラを導入し、2022年までにデジタルルーブルのプロトタイプをテストする予定とし、2023年にはローンチが可能であることを明らかにしている。

現状の報告を見る限り、予定通り進捗していることが伺える。

関連ニュース

ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆

「デジタル通貨はロシアの金融システムの未来」露中銀総裁がCBDCについて言及

ロシア当局が暗号資産規制のロードマップ作成、中銀の禁止提案に方針転換求める

参考:Bank of Russia
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・muchomor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored