ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆

ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆

ロシア中央銀行のアレクセイ・ザボトキン(Alexei Zabotkin)副総裁とオルガ・スコロボガトワ(Olga Skorobogatova)第一副総裁は、現在のデジタルルーブルのスケジュールに基づくと、2023年にローンチが可能であることを明らかにした。ロシアでは金融取引の73%がデジタル化されていて、数年前の現金のみの世界から変化しているとのことだ。

The Blockの報道によれば、ロシア中央銀行は2021年末までにデジタルルーブルのインフラを導入し、2022年までにデジタルルーブルのプロトタイプをテストする予定のようだ。

アレクセイ・ザボトキン副総裁は「中央銀行はデジタルルーブルへのスムーズな移行を実現するために、非現金取引を抑制するよう努めます。非現金取引を抑制することで、デジタルルーブルが導入された際の流動性不足を補うことができます」と発言している。

オルガ・スコロボガトワ第一副総裁は「デジタルルーブルは、第3の貨幣として機能します。なぜ第3の形態なのか?いま現金と非現金が存在していますが、デジタルルーブルは現金と非現金の特性を取り入れたルーブルのトークンのようなものです」と説明した。

参考:THE BLOCK

(images:iStock/Ninja-Studio・Andrey-Suslov・NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ