「デジタル通貨はロシアの金融システムの未来」露中銀総裁がCBDCについて言及

「デジタル通貨はロシアの金融システムの未来」露中銀総裁がCBDCについて言及

ロシア中央銀行の総裁であるエルビラ・ナビウリナ(Elvira Nabiullina)氏が、自身の中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する考えを言及した。このことはCNBCが6月1日に公開した同氏に対する独占インタビューの中で語られたものだ。

このインタビューでナビウリナ総裁は「(デジタル通貨は)デジタル経済の発展と関連しているため、私たちの金融システムの将来を担うものだと思います」と発言している。

また年末までにプロトタイプ完成を目指しているロシアのCBDC「デジタルルーブル」が、来年には試験運用が始まる可能性があるという。

しかしナビウリナ総裁は国が独自に開発したシステム間で共通の解決策を見出すことは難しいだろうと予測したとのこと。総裁は「各銀行が独自のシステムを構築し、ローカルな基準で技術的なシステムを構築した場合、すべての国境を越えた決済を促進するために、これらのシステム間で相互接続を行うことは非常に困難になるでしょう」と語ったとのことだ。

なおインタビューでは米国の制裁による「持続的なリスク」と、そのリスクを管理するための政策のあり方についても言及されており、脱ドル化をすることが外貨リスクを管理するための広範な政策の一部であると述べられている。

 

参考:CNBC
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio・Andrey-Suslov・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない