ツイッターの投げ銭機能、ビットコインに続きイーサリアム(ETH)に対応

ツイッターの投げ銭機能、ビットコインに続きイーサリアムに対応

ツイッター(Twitter)が、投げ銭機能(Tips)にイーサリアムのイーサ(ETH)を追加したことが2月17日に分かった。

ツイッターのTipsは、ユーザーがサードパーティー決済サービスへのリンクをツイッタープロフィールに追加できる機能のこと。ちなみに昨年9月にツイッターはTipsにビットコイン(BTC)を追加している。

ツイッターのアプリからプロフィールの編集画面下部に表示されるのTipsを選択し、該当箇所に自らのイーサリアムアドレスをペーストすることで簡単に設定ができる。

日本居住者でもTips機能を有効にしていれば利用可能だ。なおiOSでは機能したが、Androidだと現状はうまく機能していないという声も上がっている。

ツイッターがビットコインの投げ銭機能を公開した際、まずiOSのみで対応し、数週間後にAndroidに対応したことから、イーサリアムの投げ銭機能も同様の順に対応されていくのかもしれない。

ツイッターは今年1月にプロフィールアイコンをNFT画像に変更できる機能を提供開始している(この機能は日本居住者はまだ使えない)。 このようにツイッターは、Web3技術との連携を昨年から積極的に進めている。

参考:Twitter
images:iStocks/Suwaree-Tangbovornpichet・antoniokhr
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored