ツイッターの投げ銭機能、ビットコインに続きイーサリアム(ETH)に対応

ツイッターの投げ銭機能、ビットコインに続きイーサリアムに対応

ツイッター(Twitter)が、投げ銭機能(Tips)にイーサリアムのイーサ(ETH)を追加したことが2月17日に分かった。

ツイッターのTipsは、ユーザーがサードパーティー決済サービスへのリンクをツイッタープロフィールに追加できる機能のこと。ちなみに昨年9月にツイッターはTipsにビットコイン(BTC)を追加している。

ツイッターのアプリからプロフィールの編集画面下部に表示されるのTipsを選択し、該当箇所に自らのイーサリアムアドレスをペーストすることで簡単に設定ができる。

日本居住者でもTips機能を有効にしていれば利用可能だ。なおiOSでは機能したが、Androidだと現状はうまく機能していないという声も上がっている。

ツイッターがビットコインの投げ銭機能を公開した際、まずiOSのみで対応し、数週間後にAndroidに対応したことから、イーサリアムの投げ銭機能も同様の順に対応されていくのかもしれない。

ツイッターは今年1月にプロフィールアイコンをNFT画像に変更できる機能を提供開始している(この機能は日本居住者はまだ使えない)。 このようにツイッターは、Web3技術との連携を昨年から積極的に進めている。

参考:Twitter
images:iStocks/Suwaree-Tangbovornpichet・antoniokhr
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored