日銀の中央銀行デジタル通貨(CBDC)、概念実証フェーズ2へ

日銀のCBDC概念実証がフェーズ2へ

日本銀行が進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験が「概念実証フェーズ2」に進むことが3月25日分かった。

日銀は2020年10月に公表した「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み方針」に沿って、昨年4月よりCBDCの基本的な機能や具備すべき特性が、技術的に実現可能かどうかを検証するため実証実験(概念実証)を進めている。

今回、CBDCの基本性能に関する検証を目的とした「概念実証フェーズ1」が、当初の予定通りに3月で終了するという。そして4月からは、フェーズ1で構築した実験環境に様々な「周辺機能」を付加して、その実現可能性や課題を検証する「概念実証フェーズ2」が開始するとのことだ。

「概念実証フェーズ2」では、決済の利便性向上を目的に「支払指図の予約等、複数口座の保有、CBDCによるオフライン決済との関係」が検証される他、

「仲介機関間の情報連携、民間決済システム・公金システム等との連携、現金とCBDCの交換」の検証、「経済的な設計(金融システムの安定確保等)」として「CBDC保有額・取引額の制限、付利・課金、ユーザーの属性に応じた異なる取扱い」が検証される予定と昨年10月のレポート「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み」で発表されている。

なお当時から日銀は「現時点ではCBDCを発行する計画はない」としているが、今後CBDCに対する社会のニーズが急激に高まる可能性もある為、「しっかり準備しておくことが重要」と説明していた。「概念実証フェーズ1・2を経て、さらに必要と判断されれば、民間事業者や消費者が実地に参加する形でのパイロット実験を行うことも視野に入れて検討していく」とのことだった

また日銀によるCBDCの実験環境構築は、日立製作所が業務委託先として選定されている。

関連ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨の実証実験開始

日銀の中銀デジタル通貨、日立製作所へ実験環境の構築委託

日銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)検討のためグループを新設

日銀が「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み方針」公表

参考:日銀中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み
デザイン:一本寿和
images:iStocks/gyro・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。