日銀の中銀デジタル通貨、日立製作所へ実験環境の構築委託

日銀の中銀デジタル通貨、日立製作所へ実験環境の構築委託

株式会社日立製作所が、日本銀行が実施する中央銀行デジタル通貨(CBDC)の技術面での基本事項に関する検証において、実験環境構築作業などにかかる業務委託先として選定されていたことが明らかになった。

日本銀行では、CBDCの実証実験の概念実証フェーズ1として今年4月から2022年3月までの期間で行っている。

なお概念実証フェーズ1においては、システム的な実験環境を構築し決済手段としてのCBDCの中核をなす発行、送金、還収等の基本機能に関する検証を行う予定だ。

関連ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨の実証実験開始

日銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)検討のためグループを新設

日銀が「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み方針」公表

参考:日立製作所

(images:iStock/Artem-Peretiatko・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている