米OSTP、暗号資産の気候変動への影響についてパブコメ募集

米OSTP、暗号資産の気候変動への影響についてパブコメ募集

アメリカ合衆国科学技術政策局(Office of Science and Technology Policy/OSTP)が、暗号資産(仮想通貨)を含むデジタル資産の環境エネルギーおよび気候への影響に関するパブリックコメント募集を3月26日に開始した。

ちなみにパブリックコメントを募集した理由は、OSTPが3月9日のデジタル資産に関する米国大統領令に応じて、デジタル資産の気候変動などに関する影響や可能性を報告書で提出する必要があるからだ。OSTPは、デジタル資産が気候変動への取り組みやクリーンで信頼できる電力網への移行を阻害する可能性および促進する可能性を報告書でまとめる必要がある。 

また今回の発表に合わせ、OSTPはデジタル資産が環境エネルギーや気候に与えうる影響に関して次のように説明している。

OSTPは「デジタル資産エコシステムの爆発的な成長は、エネルギー使用量の増加や気候に悪影響を与える可能性があります」とし、そして「暗号資産を含む多くのデジタル資産は、取引を検証するために中央機関とは対照的に、分散型のコンセンサスメカニズムを使用しています。デジタル資産のシステムによってコンセンサスメカニズムは異なりますが、多くはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ベースのシステムを使用しており、大量のコンピューティングパワーと電力を必要とし、その多くは炭素集約的な資源から得られるものです。研究者の中には、暗号通貨が年間に使用する電力は、先進国を含む世界の多くの国々で使用されている電力よりも多いと推定する人もいます。デジタル資産は、気候変動と戦うために炭素を含まない資源に移行する必要がある現在、重要な環境問題を引き起こす可能性があります」と説明している。

一方「例えば、炭素会計(カーボンアカウンティング)や検証において新たな機会を提供し、炭素測定に対する信頼を高め、気候変動に対処するための新たな機会を生み出すかもしれません」と、デジタル資産が気候変動にプラスの影響を与える可能性もあるとしている。

米国大統領令の内容は「FACT SHEET: President Biden to Sign Executive Order on Ensuring Responsible Development of Digital Assets」と題され、全文が公開されている

この文書では、米国政府全体の方針の中で特に優先すべき重要事項として「消費者と投資家の保護、金融安定性、不正資金、世界の金融システムにおける米国のリーダーシップと経済競争力、金融包摂、責任あるイノベーション」が示された。OSTPによる今回の環境問題に関する内容は、責任あるイノベーションに分類されるではないかと考えられる。 なおOSTPのパブリックコメント募集は5月9日までだ。

参考:OSTP
images:iStocks/Pict-Rider・hatchetman
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored