ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請

ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請

ロシアの大手国有銀行スベルバンク(Sberbank)が、独自デジタル通貨スベルコイン(Sbercoin)の発行に向けて同国中央銀行に対しブロックチェーンベースの金融プラットフォームの申請を行ったことを、現地メディアが1月21日に報じた

この報道によると、スベルバンクは1月上旬にブロックチェーンプラットフォームの申請を行い、45日後までに中央銀行から返答を得るとのこと。申請が問題なく承認されれば、同行は今年春にもプラットフォームを立ち上げる予定とのことだ。

スベルバンクの副会長であるアナトリー・ポポフ(Anatoly Popov)氏は20日に行われた金融イベントにて「技術的には、当行はこのような法定通貨を扱う準備ができており、私たちは内部的にテストし、このソリューションが動作することを確認しています」と述べている。

編集部のコメント

ロシアでは今年1月1日からDFA(デジタル金融資産)法が施行され、中央銀行から認可を受けた事業体は暗号資産等のデジタル金融資産の発行ができるようになりました。今回のスベルバンクによる中央銀行への申請は、この法律の施行に合わせて行われたものだと考えられます。

スベルコインについては確定的な情報は発信されていませんが、スベルコインはHyperledger Fablic上に構築され、ロシアの法定通貨であるルーブルと1:1で連動するステーブルコインになると予想されています。

関連ニュース

「ロシアのスベルバンクがデジタル金融資産購入プラットフォームの提供を計画」

「プーチン大統領がロシア国内での暗号資産(仮想通貨)支払いを禁止する法案に署名」

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/rina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ