米コインベース、ソラナ(SOL)ステーキング提供開始

米コインベースがソラナのステーキング開始

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産ソラナ:Solana(SOL)のステーキングサービスを開始したことが6月29日分かった。

このサービスでは、ユーザーがSOLを購入すると自動的にステーキングで報酬を得られるとのことだ。またAPY(年換算利率)は最大3.85%となっており、3〜4日ごとに報酬を受け取れるとのこと。

なお現在コインベースで提供されているステーキング対象銘柄は、イーサリアム(ETH)やアルゴランド(ALGO)、コスモス(ATOM)、テゾス(Tezos)、ダイ(DAI)、カルダノ(ADA)があり、SOLで7銘柄目となる。 

ステーキングとは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっており、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のことだ。なおコンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。

暗号資産取引所が提供するステーキングサービスは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためユーザーはステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たなくとも、少額でステーキング報酬が得られる。

関連ニュース

米コインベース、ジェミナイUSD(GUSD)とボバネットワーク(BOBA)上場へ

ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道

米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ

米コインベース、暗号資産上場予定リストに16銘柄追加

米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ


参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。