メタバースのアバタープラットフォーム「Ready Player Me」、a16zらから約76億円調達

「Ready Player Me」、a16zらから約76億円調達

メタバースでのアバタープラットフォームを提供の「レディ・プレイヤー・ミー(Ready Player Me)」が、a16zゲームズファンドワン(a16z GAMES FUND ONE)とa16zクリプト(a16z crypto)が主導したシリーズBラウンドで、5,600万ドル(約76億円)を調達したことを8月23日に発表した。

その他参加した投資家は、Robloxの共同創設者デビッド・バズーキ(David Baszucki)氏やツイッチ(Twitch)とフラクタル(Fractal)の共同創設者ジャスティン・カン(Justin Kan)氏などだ。

調達した資金は、現在51名が在籍するチームの規模を拡大しながらも、今後の予測不可能な市場に対する財務的な安定性を確保するために活用していくとのことだ。

またレディ・プレイヤー・ミーは、アバター作成機能を拡張や、アバター生成・販売ツールの作成またアバターの多様性を向上させていく方針とのことだ。

なおVRChat、ソムニウム・スペース(Somnium Space)、ナイキ(Nike)傘下のNFT企業RTFKTなど、3,000以上のパートナーが「レディ・プレイヤー・ミー」のプラットフォームを活用していると報じられている。

またアディダスやディオールなどのトップファッションブランドも、ユーザーがカスタムアバターを作れるように「レディ・プレイヤー・ミー」と連携しているとのことだ。

images:iStocks/(artacet・Akacin-Phonsawat)
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ