コインベースウォレット、BCH・ETC・XLM・XRPをサポート対象外へ

コインベースウォレットがBCH、ETC、XLM、XRPをサポート対象外へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)提供のコインベースウォレット(Coinbase Wallet)から、使用頻度の少ないとされる暗号資産(仮想通貨)4銘柄がサポート停止なることが11月30日発表された。

発表によると今回対象となるのはビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ステラルーメン(XLM)、リップル(XRP)の4銘柄。サポート停止は来年2023年の1月以降になるとのことだ。

なおこの対応によって、ユーザーウォレットから資産が削除されるわけではないとコインベースは説明している。1月以降、上記4銘柄はウォレットで表示されなくなるだけだという。

対象資産自体はアドレスに関連付けられており、コインベースウォレットの復元フレーズを他の対象資産のネットワークに対応したセルフカストディウォレットに入力することで、アクセスが可能になると説明されている。

また取引所のコインベースエクスチェンジ(Coinbase Exchange)に対象4銘柄が上場廃止をしたわけではないため、資産をコインベースウォレットから取引所のコインベースエクスチェンジ(Coinbase Exchange)に送付することも推奨されている。

関連ニュース

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加

コインベースウォレットがポリゴンに対応

コインベース、法定通貨によるUSDC購入手数料が免除に

グーグルクラウドとコインベースがweb3で提携、サービス料の暗号資産決済など対応へ

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている