グーグルクラウドとコインベースがweb3で提携、サービス料の暗号資産決済など対応へ

グーグルクラウドとコインベースがweb3で提携

コインベース(Coinbase)が、グーグルクラウド(Google Cloud)と戦略的web3パートナーシップを締結したことを10月11日に発表した。

両社はこのパートナーシップによって、一部の顧客がコインベースコマース(Coinbase Commerce)を通じて、グーグルクラウドのサービス料金の一部を暗号資産(仮想通貨)で支払えるようにするとのことだ。

またweb3の開発者はグーグルクラウドのデータ分析サービス「ビッグクエリ(BigQuery)」を通じて同社のブロックチェーンデータにアクセスすることができるようになるという。なおこれはコインベースクラウドのノードサービスによって実現されるとのことだ。

さらにグーグルは、暗号資産カストディや財務レポートなどの機関投資家向けサービスであるコインベースプライム(Coinbase Prime)を使用していく方針も示した。そしてコインベースは、高度な取引所およびデータサービスを構築するための戦略的クラウドプロバイダーとして、グーグルクラウドを選択したとのことだ。

コインベースの共同創設者兼CEOブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)氏は「グーグルクラウドがweb3を新しいユーザーに提供し、開発者に強力なソリューションを提供するためにコインベースを選択したことに興奮しています。コインベースは、1億人以上の認証ユーザーと1万4500の機関投資家顧客を抱え、10年以上かけてブロックチェーン技術上に業界をリードする製品を構築してきました。web3エコシステムへの信頼できる橋渡しを構築するという私たちのビジョンを実行するために、これ以上のパートナーはいないでしょう」とリリースで伝えている。

グーグルクラウドCEOであるトーマス・クーリアン(Thomas Kurian)氏は「私たちはweb3での構築をより迅速かつ容易にしたいと考えており、コインベースとのこのパートナーシップは、開発者がその目標に一歩近づくのに役立ちます。コインベースがグーグルクラウドを戦略的クラウドパートナーとして選んだことを誇りに思いますし、グローバルに繁栄するweb3の顧客とパートナーのエコシステムに貢献する準備ができています。私たちの焦点は、すべてのお客様が私たちのスケーラビリティ、信頼性、セキュリティ、データサービスを摩擦なく利用できるようにすることであり、お客様はweb3分野のイノベーションに集中することができます」と語っている。

参考:coinbaseGoogle Cloud
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資