米BNYメロン、暗号資産カストディサービス提供へ

米BNYメロン、暗号資産カストディサービス提供へ

米大手銀行BNYメロン(BNY Mellon)が、暗号資産(仮想通貨)のカストディプラットフォームの米国での提供開始を10月11日に発表した。一部の顧客はビットコイン(BTC)とイーサー(ETH)の保有と送金が可能になったとのこと。

BNYの顧客は従来の金融資産と暗号資産の両サービスを提供する信頼できるプロバイダーを求めており、同社のカストディプラットフォームはその要求に応えるための取り組みの一環だという。なおBNYメロンは2021年に企業向け暗号資産関連の部門を結成している。

ちなみにBNYメロンが携わった最近のレポートによれば「ほぼすべての機関投資家(91%)がトークン化された商品への投資に関心を持っている。また機関投資家の41%が現在、暗号資産をポートフォリオに保有しており、さらに15%が今後2年から5年以内に暗号資産をポートフォリオに保有する予定」とのことだ。

BNYメロンの最高経営責任者兼社長ロビン・ヴィンス(Robin Vince)氏は「世界の投資可能資産の20%以上に触れているBNYメロンは、ブロックチェーン技術とデジタル資産を通じて金融市場を再構築する規模を持っています。私たちはイノベーションの旅の次の章を始めるにあたり、金融業界の推進を支援することに興奮しています」とリリースで伝えている。

BNYメロンの証券サービス&デジタル部門CEOであるローマン・レゲルマン(Roman Regelman)氏は「暗号資産カストディによって、進化するこの分野への信頼と革新の旅を続けるとともに、最先端の技術を取り入れフィンテック企業とのコラボレーションを実現します」と伝えている。

なお今年の4月より、BNYメロンは米ドルステーブルコイン「USDC」のカストディアンとなっている。

関連ニュース

BNYメロン、米ドルステーブルコイン「USDC」のカストディアンへ

進む貿易金融のデジタル化、BNYメロンが「マルコポーロ」に参加

シティバンクやBNYメロンらがブロックチェーン債発行へ、マーケットノードと提携

グレイスケールが大手銀行BNYメロンと提携、ビットコインETFの準備開始

ナスダック、暗号資産事業立ち上げ、機関投資家向けカストディ提供へ

参考:BNYメロン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した