グレイスケールが大手銀行BNYメロンと提携、ビットコインETFの準備開始

グレイスケールが大手銀行BNYメロンと提携、ビットコインETFの準備開始

デジタル資産運用企業グレイスケール・インベストメント(Grayscale Investments)が主力プロダクトのグレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)のアセット・サービス・プロバイダーとして、米大手銀行のバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon:BNYメロン)社を選定し、契約締結したことを7月13日に発表した。

また両者の契約締結により、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは2021年10月1日より、グレースケール・ビットコイン・トラストにファンドの会計および管理のサービスを提供することとなる。さらにバンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、グレースケール・ビットコイン・トラストがETFに移行する際の代理人およびETFサービス提供する準備段階に入ったとのことだ。

グレースケール・インベストメントのCEOであるマイケル・ソネンシャイン(Michael Sonnenshein)氏は「BNYメロンとの提携は、グレースケール・ビットコイン・トラストのETF化に向けた取り組みの一環として重要なマイルストーンです。

BNYメロンは信頼できるプロバイダーとして長年の評価を得ており、成長するデジタル通貨資産クラスへのサービスを専門に行う最初のチームの1つを設立しました。

BNYメロンがGrayscaleのクラス最高のサービスプロバイダーのグループに加わり、シームレスで業界最高の投資体験の提供に貢献してくれることを嬉しく思います」とコメントしている。

BNYメロンのアセット・サービシングCEO兼デジタル部門長のローマン・リーゲルマン(Roman Regelman)氏は「世界最大のデジタル通貨資産運用会社に必要不可欠なファンド管理サービスを提供することは、BNYメロンが信頼と革新の交差点に立っていることを証明しています。

これは、急速に成長している当社のデジタル資産機能と、顧客の選択をすべての中心に据えるという広範な戦略にとって、重要なマイルストーンです」とコメントしている。

参考:グレイスケール・インベストメント
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored