ロンドン警視庁、275億円分の暗号資産押収

ロンドン警視庁、275億円分の暗号資産押収

ロンドン警視庁(Metropolitan Police Service/MPS)がマネーロンダリングに関連する暗号資産(仮想通貨)約1億8,000万ポンド(約275億円)分を押収したことを13日に発表した。

ロンドン警視庁のニュースルームによると、今回の押収額はイギリス国内での暗号資産押収額で最高額を記録したとのこと。ロンドン警視庁は先月24日にもマネーロンダリングに使用された約1億1400万ポンド(約174億円)分の暗号資産を押収しているため、わずか数週間で記録を更新したことになる。

またロンドン警視庁は先月の暗号資産押収時にマネーロンダリングの容疑で39歳の女性を逮捕している。女性はすでに保釈されているが、今回押収された暗号資産との関係性について再び事情聴取を受けたとのことだ。

グレアム・マクナルティ(Graham McNulty)副警視総監はプレスリリースにて「(暗号資産は)数年前まで未知の領域でしたが、現在では高度な訓練を受けた警察官と専門部隊が、不正な利益を得るために暗号資産を利用する者の一歩先を行くために、この領域で懸命に働いています」と述べている。

参考:ロンドン警視庁
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatanaelGinting・grynold

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定