SBI VCトレード、マウントゴックスの弁済手続き代理受領業者に

SBI VCトレードがMt.Goxの弁済手続における代理受領業者に

2014年に経営破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の弁済手続における代理受領業者の1社として、SBI VCトレードが指定されたことが10月7日発表された。

SBI VCトレードは、2021年11月16日に東京地方裁判所の認可決定を得て確定した再生計画案にしたがって、ビットコイン(BTC)およびビットコインキャッシュ(BCH)を再生管財人より代理で受領し、債権者への弁済を代行するという。

債権者が再生管財人より弁済を受けるためには、いくつかの手順を踏む必要がある。

まずは「MTGOX再生債権届出システム」へアクセスし、来年1月10日までに手続きをする。次にSBI VCトレードにて口座開設し、「MTGOX再生債権届出システム」から口座情報を連携する。その後は再生管財人が債権者の情報と債券の情報を連携し、再生管財人はSBI VCトレードへ弁済分の暗号資産を送り債権者の口座残高に加算するという流れだ。

マウントゴックスは2009年に東京を拠点として設立された暗号資産取引所。2011年以降複数回ハッキングを受け、大量のビットコインを流出させた結果、2014年に経営破綻している。その後は民事再生法手続きに移行し、2021年6月に再生計画案を提出、同案は債権者による投票を経て可決された。現在は再生計画案をもとに現金およびビットコイン(BTC)での弁済準備が進められている。なお債権者はどちらで受け取るか選択が可能となっている。

マウントゴックスによると、同社は2019年時点で約14万BTCを保有しているという。債権者一人あたりの弁済額は明らかになっていないが、ビットコインの価格が破産当時よりも大幅に上昇しているため、損失額を上回る弁済を受けられる可能性もある。

関連ニュース

マウントゴックス、弁済に向け債権譲渡禁止期間を発表

SBI VCトレードで、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)上場へ

英財務省、ステーブルコイン含むデジタル資産決済企業の破綻措置を提案

共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に

米上院がSECゲンスラー氏を追及、気候変動規制と暗号資産監督体制について

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ