イーサリアムネームサービス、ENSをWeb2ドメインとしても利用可能な「.box」を発表

ENSがインターネット上で利用可能なドメイン「.box」を発表

イーサリアム(Ethereum)ベースのアドレスネーミングサービス「イーサリアムネームサービス(ENS:Ethereum Name Service)」のリード開発者ニック・ジョンソン(Nick Johnson)氏が、ENS上で従来のインターネットドメインと同様にDNSルーティングができるドメイン「.box」の展開を6月7日に発表した。

「ENS」は、複雑な文字列から構成される暗号資産のウォレットアドレスを認識しやすい「任意の文字列」と紐付けることができるイーサリアムブロックチェーン基盤のアドレスネーミングサービスだ。インターネットにおけるDNS(Domain Name System)のようなサービスとなる。

「ENS」を利用して取得したアドレス用の文字列は一般にENSと呼ばれており、「.eth」などの拡張子が付属する。なおENSはNFTとしても発行される。

ENSのユーザーはDeFiやweb3ゲームでユーザーネームのように取得した文字列を使用することができ、ENSに対応したウォレットでは送金時に送金先のアドレスの代わりにアドレスに紐づいた文字列を利用することもできる。

今回展開される「.box」ドメインは、取得したENSの文字列と同じ文字列をWeb2用ドメインとして利用できるようにするものだ。電子メール用のドメインとしても利用できるという。なお開発は「My.box」と協力して行われておりリリースは今年9月に予定されている。公式サイトにリリースまでのカウントダウンが確認できる。

ドメインの取得や転送は「.eth」などの以前から提供されるENSと同じようにオンチェーン上で行うことができ、ドメイン取得時に発効されるNFTの所有者がDNSとENSの両方を所有することになる。

ENSに関しては6月1日、ウォレットアプリ「レジャーライブ(Ledger Live)」とハードウェアウォレット「レジャー(Ledger)」シリーズの全製品がENSのサポートを開始している。

関連ニュース

参考:My.box公式ページ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も