バイナンスUSがアンストッパブルドメインズに対応、「.BinanceUS」をローンチ

Binance.USがUnstoppable Domainsに対応

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスUS(Binance.US)が、NFTを利用したweb3ドメインサービス「アンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)」に対応し、「.BinanceUS」ドメインをローンチすることが分かった。アンストッパブル・ドメインズが4月26日発表した。

なお「.BinanceUS」は、数週間後にバイナンスUSのアプリ版でのみ利用可能となり、今後ウェブ版でも対応される予定だという。

また「.BinanceUS」のローンチにより、バイナンスUSの取引所アドレスが可読性のあるものになることで、「.BinanceUS」宛にアンストッパブル・ドメインズに対応するプラットフォームから暗号資産を送ることも可能になるとのこと。

なお「.BinanceUS」はポリゴン(Polygon)上で発行され、ユーザーにはガス料金や更新料金がかからないとのことだ。

またバイナンスUSのアンストッパブル・ドメインズ対応により、バイナンスUSのユーザーは「.BinanceUS」を利用して「.crypto」や「.nft」、「.x」といったアンストッパブル・ドメインズ提供のドメインに対し、暗号資産の送受信が可能になるとのことだ。

アンストッパブル・ドメインズとは

アンストッパブル・ドメインズ社は、複雑なブロックチェーンアドレスを可読性の高いドメイン「アンストッパブル・ドメイン」に紐づけるサービスを提供している。

「アンストッパブル・ドメイン」を取得することにより、送金時のアドレスの打ち間違いを防ぐことができる他、アンストッパブル社の公式サイト上で「アンストッパブル・ドメインに紐づけられた個人ウェブサイト」を作成できる。なお「アンストッパブル・ドメイン」はNFTとして発行される。

また今年3月にアンストッパブル・ドメインズは、ポリゴンラボ(Polygon Labs)と提携して「.polygon」ドメインをローンチしている。

関連ニュース

参考:Unstoppable Domains
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み