アンストッパブルドメインズとポリゴンラボが提携、「. polygon」をローンチ

.polygon Domainsでポリゴン上の暗号資産送信可能に

NFTを利用したweb3ドメインサービスを提供するアンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)とポリゴンラボ(Polygon Labs)が提携し、「.polygon」ドメインをローンチしたことを3月14日発表した。

アンストッパブル・ドメインズ社は、複雑なブロックチェーンアドレスを可読性の高いドメイン「アンストッパブル・ドメイン」に紐づけるサービスを提供している。「アンストッパブル・ドメイン」を取得することにより、送金時のアドレスの打ち間違いを防ぐことができる他、アンストッパブル社の公式サイト上で「アンストッパブル・ドメインに紐づけられた個人ウェブサイト」を作成できる。なお「アンストッパブル・ドメイン」はNFTとして発行される。

今回の「.polygon」は、ポリゴンのブロックチェーンのアドレスを可読性のあるものにし、その文字列を○○.polygonのようにドットの前に設定することで、ユーザーは複雑なアドレスを簡易的に扱えるようになるというわけだ。

またアンストッパブル・ドメインズ社によるとポリゴン上に構築されたDapps(分散型アプリケーション)が「Login with Unstoppable」を導入すれば、ユーザーはパスワードやウォレットアドレスを覚えなくとも、保有する「.polygon」による認証によりログインが可能になるとのこと。

なお「.polygon」のローンチを記念して、今月17日までアンストッパブル・ドメインズのウェブサイトにて「ドットポリゴンドメインズ」が25%オフで販売されるとのことだ。

アンストッパブル・ドメインズは昨年11月、同社のドメインサービスをポリゴン上に正式に導入したことを発表した。その際には「.nft」「.crypto」「.wallet」等のドメインをポリゴンエコシステムのユーザーが取得していた。そして今後同社は、イーサリアム上で作成したドメインをポリゴン上に移行する機能の実装などを予定しているとした。

関連ニュース

参考:Unstoppable Domains
images:iStock/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も