米デロイト、暗号資産・ブロックチェーンに特化した人材を300超のポジションで募集

暗号資産に精通した人材を積極採用

大手会計事務所デロイト(Deloitte)が、暗号資産(仮想通貨)に関する専門家を積極採用するようだ。コインテレグラフが4月27日報じた。

報道によればデロイトはこの1週間の間に、世界最大級のビジネス特化型SNS「リンクトイン(LinkedIn)」にて暗号資産に特化した300以上のポジションを掲載。暗号資産の専門家を採用する意向を示している。

採用ポジションは、「ブロックチェーン&デジタル資産マネージャー」等で、全米97拠点での募集がある。その他にも「ブロックチェーン&暗号資産の税務マネージャー」が米国18か所で、「ブロックチェーン&暗号資産(NFT)の税務マネージャー」が米国3か所で募集されている。

「ブロックチェーン&デジタル資産マネージャー」の役割として、財務諸表監査、ブロックチェーンとデジタル資産に特化した内部統制、ブロックチェーンとデジタル資産取引の監査準備、IPO準備とSEC報告サービス、SPAC取引、デジタル資産取引の会計アドバイザリーサービスなど、さまざまなサービスを提供すること等が挙げられている。

また「税務マネージャー」は、暗号資産・ブロックチェーン業界を含む多様なクライアントに税務のアドバイス・コンプライアンスサービスを提供するチームを統括するとのこと。職務内容として、法人設立におけるクライアントのリードや、トークン及びディールの分析等が挙げられている。

なお会計事務所ビックフォーのデロイトを除く会計事務所(アーンスト・アンド・ヤング、KPMG、プライスウォーターハウスクーパース)はリンクトインにおいて、暗号資産関連の求人を行っていないようだ。

暗号資産分野への高い関心

今回のデロイトの動きからは、同社のブロックチェーン・暗号資産分野への関心の高まりが見て取れる。

デロイトは3月7日、ブロックチェーン・トレーサビリティ・スタートアップのサーキュラー(Circulor)と提携。サプライチェーンの可視化に対する顧客・規制当局の高まるニーズに対応すると報告していた。

また4月24日には、ハードウェアウォレット開発のレジャー(Ledger)とも提携。デロイトとレジャーは、互いの専門知識を組み合わせ、デジタル資産や証券に必要な信頼とサポートを提供していくという。

関連ニュース

参考:求人
images:iStock/pgraphis・keko-ka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ