ハードウォレットの「Ledger」がデロイトと提携

レジャーがデロイトと提携

ハードウェアウォレット開発のレジャー(Ledger)が、大手会計事務所デロイト(Deloitte)との提携を公式ツイッターにて4月24日発表した。

今回の提携で両社は、互いの専門知識を組み合わせ、デジタル資産や証券に必要な信頼とサポートを提供していくとのこと。なお具体的な提供サービス内容などは発表されていない。

レジャーは暗号資産やNFTをオフラインで保有できるハードウェアウォレットを開発している企業だ。なお同社のウォレットアプリ「Ledger Live」と物理ハードウェアウォレットをペアリングすることで、暗号資産の購入やスワップ(交換)、運用の他NFTの鑑賞が出来るようになっている。

レジャーは昨年11月、バイナンスと提携。この提携によりユーザーは「Ledger Liveアプリ」からバイナンスのアカウントを作成することができ、バイナンスアカウントを保有していれば、レジャーのデバイスから直接クレジットカードなどを通じて法定通貨で暗号資産が購入できるようになったとのことだ。

また2月16日には、次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」運営のフィナンシェと戦略的パートナーシップを締結している。

デロイトは3月7日、ブロックチェーン・トレーサビリティ・スタートアップのサーキュラー(Circulor)と提携。サプライチェーンの可視化に対する顧客・規制当局の高まるニーズに対応すると報告していた。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事