グーグルクラウド、「Google for Startups Cloud Program」にweb3プログラム追加

Google for Startups Cloud Programにweb3追加

Google Cloud(グーグルクラウド)提供のスタートアッププログラム「Google for Startupsクラウドプログラム(Google for Startups Cloud Program)」に、web3スタートアップ向けのプログラムが追加されたことが4月26日発表された。

「Google for Startupsクラウドプログラム」は、グーグルクラウドがビジネスの立ち上げから成功・成長までを支援するスタートアッププログラム。資金調達を行っていないプレシードスタートアップ向けプログラムと、既に出資を受けているシリーズAまでのスタートアップ向けプログラムの2つが用意されている。

新たに追加されたweb3スタートアップ向けのプログラムでは、web3に関連したプロジェクトおよびスタートアップ企業が分散型アプリ(dApp)やweb3ツール構築に集中できるようにする為、グーグルクラウド提供のアプリ構築プラットフォーム「フルマネージド」及び「サーバーレス」などをはじめとしたリソースが無償で提供されるという。

またプログラムに参加するweb3プロジェクトおよびスタートアップには「Google for Startupsクラウドプログラム」で提供されている資金サポートや、グーグルクラウドのカスタマーケア、新規登録でグーグルワークスペースのビジネスプラスを12ヶ月間無料で利用できる特典なども用意されているとのこと。

またweb3スタートアップ向けプログラム専用の特典としては、一般公開される前の新しいグーグルクラウドweb3(Google Cloud web3)プロダクトへの早期アクセスや、web3及び最新のグーグルクラウドテクノロジーに焦点を当てたハンズオン学習ラボへの無料アクセスが用意されているという。

さらにweb3スタートアッププログラムの参加者が知識の共有をできるようにする為、グーグルクラウドのweb3プロダクトチームとエンジニアリングチームが参加するディスコード(Discord)チャンネルも開設されているとのことだ。

またweb3スタートアッププログラムの参加者は、アプトス(Aptos)やセロ(Celo)、フロー(Flow)、ヘデラ(HBAR)財団、ニアプロトコル(NEAR Protocol)、ソラナ(Solana)財団ら、それぞれからの助成金を100万ドルまで利用できるとのこと。

さらにポリゴンベンチャーズエコシステムファンド(Polygon Ventures Ecosystem Fund)やベースエコシステムファンド(Base Ecosystem Fund)、ナンセン(Nansen)、アルケミー(Alchemy)、サードウェブ(thirdweb)らも、プログラムに参加するweb3スタートアップ向けに支援協力するとのことだ。

グーグルクラウドは今年2月、Tezos(テゾス)ブロックチェーン上でweb3アプリケーションの開発を加速させる為にテゾスと提携し、テゾスの公式ベーカーになることを、テゾス財団が発表している。またその他にも昨年10月には、ニアプロトコル(NEAR Protocol)とのパートナーシップ契約をグーグルクラウドは締結している。

関連ニュース

参考:Google Cloud
images:iStocks/JHVEPhoto

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored