INXがXMANNAのSTO実施、セキュリティトークン「XMNA」を販売

「INX.One」でXMNAを販売

INX Digital Company(INX)がXMANNAとの提携により、XMANNAのトークン「XMNA」のSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)を行うことを4月24日発表した。

XMANNAは、ブロックチェーンソフトウェアプロバイダーだ。ゲームサービスプロトコルやスポーツロイヤルティアプリケーション、NFTなどを通じてコミュニティエンゲージメントの未来を構築することに注力しているという。

「XMNA」はプラットフォーム「INX.One」にてすでに発売されており、公開オファリングのサイトによるとトークンの総供給は4億XMNAだ。公開オファリングでは、そのうち1億XMNAが提供され、1XMNA=1ドルで取引されている。なお最低投資額は2000ドルとなっている。

INXの副CEO兼COOであるイタイ・アヴネリ(Itai Avneri)氏は「XMANNAと提携することで、INXはデジタル資産革命の最前線に立ち、ユーザーに多様な投資機会を提供するというコミットメントを示し続けている」とコメントしている。

XMANNAの共同設立者兼CEOであるスティーブ・スタイン(Steve Stein)氏は、「XMNAのSTOは、デジタルセキュリティトークン分野における画期的なイベントであり、メタバース・ゲーム・小売・スポーツなど、Web3革命の各側面に投資する機会を提供する」と語り、「XMNAトークンは、ユーザーにユニークなデジタル資産を提供するだけでなく、XMANNAの革新的なプラットフォームが様々な分野で成長・拡大するための原動力となる」とコメントしている。

STOとは

STOとは、発行会社が従来の株式や社債等に代わり、ブロックチェーン等の電子的手段を用いて発行するトークンに株式や社債等を表示する「セキュリティトークン(ST)」で資金を調達するスキームだ。2020年5月1日の金融商品取引法改正及び関連する政省令の改正施行により「電子記録移転有価証券表示権利等」として規定され、法令に準拠した取扱いが可能となっている。

これによりセキュリティトークンは「電子記録移転権利」と規定され(金商法2条3項)、金融機関での取り扱いが可能になっている。

ただし金商法に該当しないセキュリティトークンとして、「不動産特定共同事業法に基づく出資持分をトークン化したもの」や会員権などの「アセットの権利をトークン化したもの」も定義されている。

関連ニュース

参考:INX公開オファリングサイト
デザイン:一本寿和
images:iStock/ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ