INXが株式のSTをローンチ、米加上場Greenbriar Capitalで

上場企業のSTローンチは初

トークン化プラットフォームのINXが、グリーンブライアー・キャピタル(Greenbriar Capital Corp.)が発行する株式をセキュリティトークン(証券トークン/ST)としてローンチする。INX Digital Company(INX)が4月3日発表した。

グリーンブライアー・キャピタルは、一般向け住宅や再生可能エネルギーの大手開発会社。米国およびカナダに上場している。米国店頭取引市場(US OTC)ではGEBRF、トロント証券取引所ではGRBのティッカーシンボルで同社株式は取引されている。

INXによると今回の取り組みにより、上場企業として初めて株式がSTとしてパブリックブロックチェーン上で取引されるようになるとのこと。

またトークン化された同社株式では、従来の株主と同じ特典を受けることができるという。同株式はINX運営のST及び暗号資産(仮想通貨)を取り扱うプラットフォーム「INX.One」で24時間365日いつでも売買可能とのこと。またINXは、これらの株式について、「規制対象の証券であり、投資家に完全な法的保護が提供される」と強調している。

INXの副CEO兼COOのイタイ・アヴネリ(Itai Avneri)氏は「INXにとって、上場企業の株式を初めてトークン化して米国・海外の投資家に提供することは、刺激的な次のステップだと言える。また、デジタル経済の成熟度における重要な変曲点を示すものであり、現在および近い将来、米国または国際的な上場企業が、トークン化された株式・デジタルADR(米国預託証券)

またはデジタル債券のいずれかの形で、事業をデジタル化することを期待する」とコメント。

グリーンブライアー・キャピタルのCEOジェフ・シアチャースキー(Jeff Ciachurski)氏は「私たちは、投資の完全民主化を深く信じている。グリーンブライアの投資機会を、平均8,000~9,000株を保有する3,000~4,000人の一般株主だけに限定するのではなく、デジタル化によってアクセス数を飛躍的に増やし、公開トークン保有者を増やすことで、世界中のSTエコシステムのすべての人に所有機会を提供する」と述べている。

INXは2021年5月、米証券取引委員会(SEC)に登録したINXのSTの新規公開株式(IPO)をクロージング。250人以上の個人および機関投資家から8400万ドルの総収入を獲得した。またこのIPOでは、9,290万個のINXトークンが販売されたとのことだ。

リリースによるとINXは「今後も世界中の企業や法人に斬新な取引や資金調達の金融商品を提供し、業界をリードしていく」と述べている。

「INX.One」は昨年12月、アバランチ(AVAX)ブロックチェーンと機能統合することを発表。また、3月16日にはポリゴン(Polygon)ブロックチェーンとの統合を発表している。

また3月22日には「INX.One」にて、STの「トラックパル(Trucpal)」の初回配当分配を行うことを発表している。

関連ニュース

参考:INX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored