暗号資産取引プラットフォームINXがIPO形式で自社セキュリティトークンを販売

暗号資産取引プラットフォームINXがIPO形式で自社セキュリティトークンを販売

暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームの開発を行うINX Limited(アイエヌエックス・リミテッド)がIPO形式で同社のセキュリティトークンであるINXトークンの販売を行うことを8月20日に発表した。

INX Limitedは2017年に設立されたジブラルタルを拠点とする企業で、暗号資産やセキュリティトークンの取引をするためのトレーディングプラットフォーム「INX Trading Solutions」の開発を行っている。

今回INX LimitedはINXトークンの全体供給量の約70%である1億3,000万トークンの販売を行う予定であるとのこと。そしてトークンの販売により調達した資金はINX Trading Solutionsの継続的な開発と運営、および現金準備に使用されるとのことだ。

INXトークンは今月25日より開始される予定となっており、1トークンあたり0.9ドル(約95円)で販売されるとのことだ。なおトークン購入の際の最低投資額は1,000ドル(約10万5,000円)となっている。

編集部のコメント

INXによると、INXトークンには「トークン所有者に対する利益分配」という証券としての側面と「セキュリティトークンのトレード時の手数料の割引」というユーティリティトークンとしての側面の両方を持ち合わせているとのことです。

また同社は今後の事業計画として、今年の第4四半期に暗号資産のトレーディングプラットフォームとしてINX Trading Solutionsをローンチし、その後順調にライセンスが取得できれば2021年第2四半期にセキュリティトークンのトレードの提供を開始する予定としています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した