INXのデジタル資産プラットフォーム、アバランチ(AVAX)と機能統合へ

INX、アバランチと機能統合へ

 INX Digital Company(INX)が運営するデジタル証券と暗号資産(仮想通貨)の両方を取り扱うプラットフォーム「INX.One」が、アバランチ(AVAX)ブロックチェーンと機能統合する方針を12月7日に発表した。

この機能統合は今四半期中に完了する予定とのこと。統合すれば、現実世界の資産をアバランチのブロックチェーン上で取引できるようになるという。

アバラボ(Ava Labs)の機関投資家向けビジネス開発ディレクターであるモーガン・クルーペツキー(Morgan Krupetsky)氏は「INX.Oneとアバランチが近日中に機能統合するのは、世界のあらゆる資産をデジタル化するというAva Labsのミッションがまた一歩前進したことを示しています。トークン化プラットフォームは、発行体の資金調達の可能性をさらに広げ、投資家の投資機会や流動性へのアクセスを広げることになるでしょう」と伝えている。

INXの創設者兼CEOであるシャイ・ダティカ(Shy Datika)氏は「INXがグローバルな発行体と投資家コミュニティを拡大し続ける中で、複数のクラス最高のブロックチェーンへのアクセスを拡大することは不可欠です。アバランチは主要なブロックチェーンプロバイダーの中で優れた位置にあり、INX.Oneプラットフォームを使用するデジタル証券発行者の多様なラインアップにさらに大きな選択肢を提供することができます」とリリースでコメントしている。

またアリババクラウド(Alibaba Cloud)が、パブリックブロックチェーンのアバランチ(Avalanche / AVAX)の技術インフラやバリデーターをサポートしていく方針を12月2日発表している。

そして昨年9月にINXはGMOトラストと提携し、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場させている。

参考:INX
images :iStocks/LumerB
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した