テザー、オフショア人民元(CNH₮)発行、トロン(TRX)チェーンで

テザー、オフショア人民元発行

米ドルステーブルコイン「USDT」などを発行・運用するテザー(Tether)が、オフショア人民元(CNH₮)をトロン・ブロックチェーン(Tron Blockchain)上で発行したことを12月6日発表した。またビットフィネックス(Bitfinex)が、トロン基盤のオフショア人民元を入出金できる最初の取引所となったとのこと。

オフショア人民元とは、中国の通貨である人民元のうち、香港やシンガポールなど中国本土外の居住者が取引する国外市場で取引される通貨を指す。またテザーが発行するオフショア人民元(CNH₮)は、オフショア人民元にペッグしたステーブルコインとなる。

なおテザーは2019年にイーサリアムのトークン規格ERC20でオフショア人民元を発行している。

テザーのCTOであるパオロ・アルドイノ(Paolo Ardoino)氏は「オフショア人民元をトロンのエコシステムに導入することに興奮しています。暗号資産市場が巨大な混乱に見舞われている今、最善の方法は構築し続けることであると信じています。テザーでは通常通りのことが行われており、私たちの継続的な成長と拡大が、他の人々も同様に進み続けるよう刺激することを願っています」とリリースでコメントしている。

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資