アービトラム、DAOに194億円相当の「ARB」をエアドロップ

アービトラム(ARB)がDAOに1億2000万ドル相当のARBを配布

イーサリアム(Ethereum)レイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)が、DAOに対して総額1億4500万ドル(約194億円)相当となるARBトークンのエアドロップを開始した。

このエアドロップは、アービトラム財団(Arbitrum Foundation)の提案によって設立されたアービトラムDAO(Arbitrum DAO)が発表されたときに割り当てられたものである。

なおエアドロップの対象になったのは125のDAOであり、Treasure DAOとGMXは800万枚、SushiSwap、Balance、Uniswap、Curve、Dopexが300万から500万枚のARBを受け取ったことが分かっている。

アービトラム財団はエアドロップの実施予定を4月19日に発表。実際にエアドロップが開始されたのは4月25日となったようだ。このことはナンセン(Nansen)などの分析会社によって報告されている。

アービトラム財団は公式ツイッターにて「これらのDAOとサブコミュニティが、アービトラムの成長とガバナンスを促進するためにトークンの割り当てをどのように利用するかを楽しみにしています」と語っている。

アービトラムでは3月28日にアービトラム財団による提案「AIP-1」に対して初めてのガバナンス投票を実施したが、同財団がコミュニティの承認を得る前にDAOトレジャリーから7.5億ARBを受け取り、そのうち5000万ARBを使用するなどしてコミュニティの反感を買い反対票多数で終了していた。

その後まだ使用されていない7億ARBをDAOトレジャリーへ返還することを要求する「AIP1.05」が提出され投票が実施されたが否決され、またフォローアップ提案である「AIP1.1」では7.5億ARBを財団に譲渡するという内容が含まれていたが、これは承認されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/wvihrev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資