オーケーコインジャパン、「アービトラム」チェーンのイーサリアム(ETH)対応へ

オーケーコインジャパン、「アービトラム」ETHに対応へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコインジャパン(OKCoinJapan)が、同取引所にて取り扱う暗号資産イーサリアム(ETH)において、新たに「アービトラムワン(Arbitrum One)」のブロックチェーン(ネットワーク)に対応することを4月17日発表した。

これにより同取引所では、「イーサリアム」および「アービトラムワン」のネットワーク上のETHが入出庫(受取/送金)出来るようになるとのことだ。

対応時期については、今年の5月中旬を予定しているとのこと。日程の詳細が決まり次第、別途告知がされるようだ。

アービトラム(Arbitrum)とは?

「アービトラム」はイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション。同ネットワークでは、「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用することでイーサリアムの安全性を保ちつつオフチェーンでの高速処理を実現している。

「ロールアップ」とは、元となるブロックチェーンのセキュリティなどを活用しながら、ガス代(ネットワーク手数料)やネットワークの混雑解消を図るスケーリング技術のこと。「オプティミスティックロールアップ」では、正当性の検証方法をレイヤー1(イーサリアム)に提出されるデータはすべて正当なものであるという楽観的(オプティミスティック)な前提に基づいて検証を行う手法にて、スケーラビリティを確保している。

なおアービトラムでは、「アービトラムワン(Arbitrum One)」および「アービトラムノヴァ(Arbitrum Nova)」の2つのネットワークを展開している。

「アービトラムワン」はアービトラムのパブリックなメインネットであり、誰でもバリデーターとなることができる仕組みとなっている。一方で「アービトラムノヴァ」は選定されたバリデーターのみが参加する許可型のメインネットとなっており、厳密な分散性を達成することはできないが、その分低い手数料での利用を可能にしている。

そのような特性から「アービトラムワン」はDeFi(分散型金融)及びNFT向けチェーン、「アービトラムノヴァ」はゲーム及びソーシャルアプリに特化したチェーンとして取り扱われるケースが多い。

関連ニュース

参考:オーケーコインジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NKTN

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資