イーサリアムの「Goerli」テストネット、DAOが存続の意志を示す

Goerli DAOがテストネット存続の意志を示す

イーサリアム(Ethereum)のテストネットとして稼働している「ゴエリ(Goerli)」について、DAO(分散型自律組織)のゴエリDAO(Goerli DAO)が、2023年9月以降もネットワークを存続させる意思を3月28日表明した。

「ゴエリ」は現在イーサリアムネットワークの主要なテストネットとして稼働しており、「マージ(Marge)」などのイーサリアムの主要なアップグレードのテストにも利用されてきた。また「シャペラ(Shapella:Shanghai/Capella)」アップグレードのテストの実施にも利用されている。

「ゴエリ」は2023年9月に新しいテストネット「ホリ(Holli)」が立ち上げられるタイミングで廃止され、利用が非推奨になる予定であった。しかしゴエリDAOは「ゴエリ」について「ゴエリはメインネットによく似たテスト環境であるカナリアネットワークとしての理想的な候補である」とし、今後もテストネットとしてテスト環境を提供していくと意思表示している。

なお例えるならポルカドット(DOT)とそのカナリアネットワークであるクサマ(KSM)の関係が想像しやすいかもしれない。

なお「ゴエリ」ではGas代(ネットワーク手数料)としてゴエリETH(gETH:Goerli ETH)を利用する。ブロックチェーンのインターオペラビリティプロトコルを開発するレイヤーゼロ(LayerZero)は先日イーサリアムのメインネットでgETH、「ゴエリ」で通常のETHを利用できるようにした。

これによりメインネットでgETHの流動性ができ価値が生じたため、「ゴエリ」は他のL1ブロックチェーンとの区別が難しくなった。こういった背景も含めてゴエリDAOはテストネットの維持を目指している。

また先日メタマスクなどを提供するコンセンシス(ConsenSys)がzkEVM「Linea」のパブリックテストネットを公開。「Linea」には「ゴエリ」を経由してアクセスする必要があるため「ゴエリ」でのガス代が暴騰している状況だ。

関連ニュース

参考:ゴエリDAO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wvihrev

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催