英HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能に

英HSBCがGoogle Cloud上でCordaを利用可能に

イギリスの銀行HSBCがブロックチェーン開発企業R3のブロックチェーン基盤「Corda Enterprise」を「Google Cloud」で利用できるようにしたことを2月26日に発表した。

具体的にはHSBCの「Digital Vault」のカストディプラットフォームが「Google Cloud」で利用可能になった。「Digital Vault」は株式、債務、不動産など私募を通じて発行された資産のカストディを行っている。

これにより、クライアント・オンボーディング時間が数ヶ月から数週間に短縮され、クライアントの体験価値が向上し、コストが大幅に削減されるようになるとのこと。 また「Corda」の技術を「Google Cloud」で利用できるようになることで、紙の証明書の代わりにデジタルトークンを発行するなど、将来的にトランザクションのライフサイクルを台帳上に移行するオプションが銀行に与えられるようになる。

HSBCのマーケッツ&証券サービス部門の分散型台帳技術とトークン化の責任者であるガウラヴ・アッガルワ(Gaurav Aggarwal)氏は「Cordaの技術をGoogle Cloudで利用可能にした最初の組織であることは、ブロックチェーンとクラウド技術に対するHSBCのコミットメントをさらに示すものです。

これは、オンボーディングの時間を短縮し、コストを削減するだけでなく、取引のライフサイクル全体が分散型台帳上に保存されるような将来への準備にも役立ちます」とコメントしている。

R3の最高収益責任者であるキャシー・ミンター(Cathy Minter)氏は「将来のデジタル資産クラスのカストディをサポートする上でのブロックチェーンの可能性は計り知れないものがあります。

HSBCがCordaをGoogle Cloudで利用可能にすることで、クライアントはより迅速なオンボーディング時間とコスト削減の恩恵を受けることができます。Cordaは最高水準のプライバシーとセキュリティを念頭に置いて構築されています。

このプラットフォームは、HSBCのグローバルなカストディ業務を行うクライアントが、安全かつリアルタイムで個人資産の詳細にアクセスできるようにするのに最適なプラットフォームです」とコメントしている。

Google Cloudのグローバル金融サービス担当バイスプレジデントであるデレク・ホワイト(Derek White)氏は「HSBCが銀行の未来に向けて準備を進める中で、消費者、企業、エコシステムを新たなイノベーションで結びつけるために、最高のクラウド技術のスピード、スケール、セキュリティを提供できることを誇りに思っています」とコメントしている。

(images:iStocks/Cemile-Bingol)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定