ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携

ニアプロトコルがグーグルクラウドと提携

レイヤー1ブロックチェーンのニアプロトコル(NEAR Protocol)とグーグルクラウドがパートナーシップ契約を締結した。ニアプロトコルのエコシステムを支援するニア財団(NEAR Foundation)が10月5日発表した。

このパートナシップによりグーグルクラウドは、ニア財団からの助成金受給者に対し技術的サポートを提供するとのこと。同ブロックチェーン上でのweb3プロジェクトやdApps(分散型アプリケーション)の開発、拡張を支援していくとのことだ。

またグーグルクラウドは、ニアプロトコルのweb3スタートアップ向けの開発プラットフォーム「パゴダ(Pagoda)」 へ、ニアプロトコルのRPCノードプロバイダーのインフラを提供するという。これにより開発者は迅速、安全、かつシームレスにコードをニアプロトコル上にデプロイ(展開)できるという。

グーグルクラウドのデジタルアセット担当ディレクターのカルロス・アリーナ(Carlos Arena)氏は「我々はニアプロトコルをサポートし、web3の開発者が構築・拡張できる、最も安全で信頼性が高く、持続可能なクラウドのインフラを提供する予定。ブロックチェーンベースのプラットフォーム上で新しい製品やサービスを生み出す明日のリーダーをサポートし続けます」と述べた。

ニア財団のCEOである マリーケ・フラマン(Marieke Flament) 氏は「インターネットのパイオニアであるグーグルクラウドとの協業を嬉しく思っています。このパートナーシップは私たちにとって新たな章を象徴するもので、ニアを選択する先見の明のある次世代の人々に対し可能な限り最高のサポートを提供し続けたい」とコメントした。

なお「パゴダ(Pagoda)」では事前監査済みのテンプレートと自動生成されたコントラクトユーザーインターフェースのライブラリを通じて、開発者がニアプロトコル上でdApp(分散型アプリ)を簡単かつ迅速に立ち上げることを支援する。

なおニアプロトコルは8月にJavaScriptソフトウェア開発キット「JS SDK」を公開している。この「JS SDK」の利用により、世界で最も開発者の数が多いプログラミング言語とされる「JavaScript(ジャバスクリプト)」を用いてニアプロトコル上でソフトウェア開発が可能となっている。

関連ニュース

ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

NEAR財団、約142億円規模のVCファンドとweb3ラボ立ち上げ

米サークル「USDC」、クロスチェーン転送とArbitrum、Optimism、NEAR、Polkadot、Cosmosにネイティブ対応へ

米コインベースでNear Protocol(NEAR)上場へ、ネイティブトークンで

NEAR Protocolのニア財団、カストディ大手BitGoと提携  

【取材】フラクトン、インドでのNEARプロトコルのアクセラレーションプログラムにパートナー企業として参加(Fracton Ventures 亀井聡彦) 

参考:ニア
images:iStocks/SasinParaksa

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。