ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ

「NBA Top Shot」のスペインサッカー版がクローズドベータでローンチ

ブロックチェーン開発企業ダッパーラボ(Dapper Labs)が、NFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ(LaLiga Golazos)」をローンチすることを10月6日に発表した。27日よりクローズドベータ版として提供される。このプラットフォームは、ダッパーラボが提供する「NBA Top Shot」のスペインプロサッカーリーグ「ラ・リーガ」版となる。

なおダッパーラボは昨年9月に「ラ・リーガ」との提携を発表しており、その際NFTプラットフォーム「Official Football NFT Collectible Highlights」を今年6月にローンチ予定と発表していた。

今回ローンチされる「リーガ・ゴラッソ」では、ラ・リーガの2005~2006シーズン以降の全クラブの象徴的なプレーハイライトと、今シーズンのキープレーハイライトをNFTコレクションとして購入、所有、取引できるNFTプラットフォームとなっている。

このNFTは、「モーメント(Moments)」と呼ばれるデジタルビデオコレクティブルとなっており、シーズンを通して、様々な種類のパックが提供されるとのこと。

またモーメントには、プレーのリプレイや様々なアングル、ピッチ上の選手とファンの反応、試合ごとのナレーション、選手のパフォーマンスの統計が含まれており、スペイン語と英語の両方に対応したバイリンガル製品となっているとのことだ。

各モーメントは「Common」、「Uncommon」、「Rare」、「Legendary」といった4つのレアリティで構成されており、それぞれに真正性と所有権を保証するラ・リーガの公式マークが付いているという。そしてこのマークは全てオンチェーンで記録されるとのこと。

なお「リーガ・ゴラッソ」は、ダッパーラボ開発の独自ブロックチェーンである「Flow(フロウ)」上に構築されている。

現在「リーガ・ゴラッソ」にアクセスする為にはウェイティングリストへの登録が必要であり、アクセスできたユーザーには「エル・クラシコ(FCバルセロナ対レアル・マドリード)」などを含む伝説的なプレーの瞬間が、最初のパックとしてドロップされるとのことだ。

なおこれまでダッパーラボはフロウ上で、人気NFTプラットフォーム「NBA Top Shot」や、米国プロアメフトリーグNFLの「NFL ALL DAY(NFLオールデイ)」、米総合格闘技団体UFC提供「UFC Strike(UFCストライク)」をローンチしている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

競争激化する「スポーツ×NFT」、ダッパーラボが約270億円調達と、スペインサッカーリーグと提携を発表

ダッパーラボのアメフトのNFTプラットフォーム「NFL ALL DAY」正式ローンチ

米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で

【独占取材】NFTの次のフェーズはトークングラフ(Dapper Labs NBA Top Shot プロデューサー Benny Giang)

日本で「CryptoKitties」の商標出願、ダッパーラボ

参考:Dapper Labs
デザイン:一本寿和
images:iStocks/efks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。