デロイトとサーキュラーが提携、サプライチェーン可視化ニーズ受け

デロイトとサーキュラーが提携

ブロックチェーン・トレーサビリティ・スタートアップのサーキュラー(Circulor)が、デロイト(Deloitte)との提携を3月7日発表した。

サーキュラーは、企業向けにブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォームを提供する企業。サプライチェーンを完全に分析、追跡、管理をすることで企業の「責任ある調達」の支援を行っている。またそれにより構築された信頼性の高い原材料の管理チェーンに対し、持続可能性やその他のESGデータを添付できるとしている。

今回のサーキュラーとデロイトの提携は、サプライチェーンの可視化に対する顧客・規制当局の高まるニーズに対応することを目的としたもののようだ。

両社は「複雑な産業サプライチェーンの可視性を高めることが、今やビジネス上の必須事項であることを認識している」と述べている。

デロイトのパートナーであるデビッド・ラコウスキー(David Rakowski)氏はリリースにて「顧客は変化する消費者の要求と規制のバランスを取る上で、前例のない課題に直面しています」と述べ「サーキュラーの革新的なソリューションとデロイトの先進的なテクノロジー導入・変革能力を組み合わせることで、これらの課題を克服することができます。私たちは組織が製品のライフサイクルについてより深く理解することで、サプライチェーンの課題に取り組み、ビジネスチャンスを創出できるようにしたいと考えています」とコメントをしている。

サーキュラーは昨年3月にカナダのクリーンテック企業であるロックテックリチウム(Rock Tech Lithium)と提携。ロックテックのバッテリー向け水酸化リチウムの製造工場において、サプライチェーントレーサビリティおよびバッテリーリサイクルのためのトレーサビリティ、CO2の追跡について、サーキュラーのブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォームを利用するとしていた。

またサーキュラーは、蓄電池などに利用される鉱物であるグラファイト(石ぼく)の加工メーカーと提携し、グラファイトがEVへ搭載されるまでのバッテリーサプライチェーンのトレーサビリティを保証している他、バッテリー材料にもなる高純度硫酸マンガン(HPMSM)のトレーサビリティ保証も行っている。

関連ニュース

参考:サーキュラー
デザイン:一本寿和

images:iStocks/-greenbutterfly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored