グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

グラファイトのバッテリーサプライチェーンをブロックチェーンで追跡

米グラファイト(石ぼく)加工メーカーであるアービックス(Urbix Inc.)とブロックチェーントレーサビリティスタートアップのサーキュラー(Circulor)が10月26日提携を発表した。グラファイトはシャープ芯や鋳物、蓄電池に利用される鉱物だ。

今回の提携により、サーキュラーのトレーサビリティプラットフォームを利用して、アービックスの精製するグラファイトが電気自動車(EV)へ搭載されるまでのバッテリーサプライチェーンのトレーサビリティを保証するとのこと。

このトレーサビリティの確保によって、両社はグラファイトが人道的に調達され、ESG(環境・社会・ガバナンス)基準を遵守して加工されたものであることを証明する。

なお現段階では採掘場からのトレーサビリティは確保出来ていない為、採掘業者と提携について話し合いを進めているとのことだ。

EVが普及するなかでサーキュラーは、グラファイトの他にリチウムイオン電池の原材料となるコバルトのトレーサビリティも行っている。

主な例として、 昨年より販売されているボルボのEV「Polestar 2(ポールスター・ツー)」のバッテリーで使用されているコバルトをサーキュラーのトレーサビリティプラットフォームにて追跡している。

関連ニュース

ボルボのEV「ポールスター」がサーキュラーと提携、バッテリーに使用の鉱物とCO2を追跡

BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達

金属・鉱山業大手リオ・ティント(Rio Tinto)がブロックチェーンを活用したサスティナビリティソリューション「START」を発表

紛争鉱物問題を解決する、ブロックチェーンの可能性

サプライチェーンを変革する、ブロックチェーンのトレーサビリティ

参考:サーキュラー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/threeart・ustinroque

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した