ボルボのEV「ポールスター」がサーキュラーと提携、バッテリーに使用の鉱物とCO2を追跡

ボルボのEV「ポールスター」がサーキュラーと提携

スウェーデンの電気自動車(EV)メーカーであるポールスター(Polestar)とブロックチェーントレーサビリティスタートアップのサーキュラー(Circulor)が戦略的パートナシップの締結を5月11日発表した。

ポールスターは自動車メーカーVOLVO(ボルボ)のEVブランド車の開発を行っている企業だ。

今回の提携により、まずはEVのバッテリーに使用されている鉱物と材料、及びそのサプライチェーンに関連するCO2排出量の追跡を行い、その後はEVのその他部品にもトレーサビリティの対象を拡大する予定とのことだ。 なおサーキュラーのブロックチェーントレーサビリティソリューションは昨年より販売されているPolestar 2(ポールスター・ツー)のバッテリーで使用されている鉱物「コバルト」の追跡の為にすでに利用されているとのことだ。

ポールスターのCEOであるダグジョンソン-ポエンスゲン(Doug Johnson-Poensgen)氏は「倫理と環境に配慮することがポールスターの鍵です。この前例のないレベルのトレーサビリティは、ポールスターがサプライチェーンで持続可能で倫理的な取り組みを促進し、消費者により良い透明性を提供できることを意味します」とリリースにてコメントしている。

あたらしい経済では鉱物に関するブロックチェーントレーサビリティについて解説した記事を公開しております。併せてご覧ください。

おすすめ記事:紛争鉱物問題を解決する、ブロックチェーンの可能性

紛争鉱物問題を解決する、ブロックチェーンの可能性

参考:PolestarCirculor

(images:iStocks/artsstock・ustinroque

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored