金属・鉱山業大手リオ・ティント(Rio Tinto)がブロックチェーンを活用したサスティナビリティソリューション「START」を発表

リオ・ティントがブロックチェーンを活用したサスティナビリティソリューション「START」を発表

金属・鉱山業大手リオ・ティント (Rio Tinto)がブロックチェーン技術を活用したサスティナビリティソリューション「START」を2月3日発表した。

「START」は同社のアルミニウム製品のサプライチェーンの透明化を実現し、その製品の来歴が確認できるようになることで、顧客に対し持続可能な製品の選択を提供するとのこと。

「START」ではアルミニウムの産地や来歴の他、その製造方法がESG(環境・社会・企業統治)に則った10の基準をクリアしているかが確認できる。なおこの10の基準はカーボンフットプリント(CO2排出量)、水の使用量、リサイクル率、エネルギー源、地域社会への投資、安全性、リーダーシップの多様性、事業の完全性、規制遵守、透明性である。

その基準を満たし製造されたアルミニウム製品は、「START」によって発行された「デジタル・サステナビリティ・ラベル」のQRコードを添付し市場に流通する。消費者は自身のスマートフォンでそのQRコードを読み込むことで持続可能な製品であることを確認し購入ができる。

なお「デジタル・サステナビリティ・ラベル」は、現在世界各地にあるリオ・ティントが管理するアルミニウムすべてに適用されているとのこと。

リオ・ティントのアルミニウム部門CEOであるアルフ・バリオス(Alf Barrios)氏は「STARTは、鉱山から市場に至るまでの透明性、トレーサビリティ、責任ある生産に関する新たな基準を設定した最初の製品として、アルミニウム業界にとって重要な一歩となります。私たちのビジョンは、お客様がリオ・ティントから購入したアルミニウムの持続可能性を消費者にアピールし、当社の責任ある生産による価値を十分に提供できるようにすることです」とリリースにてコメントしている。

編集部のコメント

リオ・ティントは、ロンドンとニューヨークの証券取引所に上場するRio Tinto plcと、オーストラリア証券取引所に上場するRio Tinto Limitedからなる二元上場会社で、英国に本社を置いています。同社では鉄鉱石、ボーキサイト、アルミナ、アルミニウム、銅、モリブデン、金、ダイヤモンド、石炭、ウラン、酸化チタン、ホウ酸塩、塩、タルクなどを取り扱っています。

リオ・ティントのウェブサイトによると「電気自動車からスマートフォンまで使われているアルミニウムは軽量かつ無限にリサイクルが可能です。責任を持って生産されたアルミニウムは将来求められている低炭素経済において重要な役割を果たすと信じています」と記載されています。

またリオ・ティントは自社のことを「世界で最も高品質で二酸化炭素排出量の少ないアルミニウムを製造しており、また二酸化炭素排出量は業界平均の60%以下である」と謳っています。

このようにリオ・ティントはESGに配慮した企業であることをより明確にするために「START」の導入を開始したものと思われます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStocks/Kateryna-Bereziuk・SafakOguz)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した