テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す

テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す

米テスラ(Tesla)が、再びビットコインを決済手段として受け入れる可能性があることが10月26日分かった。

米国証券取引委員会(SEC)に同社が提出した文書によって明らかになった。 その文書には「今後、当社のプロダクトやサービスを暗号資産で取引することを再開する可能性があります」と記載されていた。

テスラは2021年3月31日に一部の地域で商品の決済方法として、ビットコインの取り扱いを開始したが、同年5月に環境への配慮を理由にビットコイン決済を停止した。

なおテスラのCEOイーロン・マスク(Elon Mask)氏は今年の7月21日の暗号資産に関するイベント「The B Word」にて、ビットコイン再生可能エネルギーの使用率が高まれば、テスラがビットコイン決済を再開をするという見解を示していた。

なお現時点ではビットコイン決済の再開の予定は未だ明らかになっていないが、これまでテスラ社及びCEOのイーロン・マスク氏のビットコインに関するアクションは相場に影響を与えてきた背景があり、今後再開がどのタイミングでされるのかには注目である。

また今年2月にテスラが当時約1,636億円相当(15億5000万ドル)相当のビットコインを購入したことがに明らかになった際にビットコイン価格は高騰したが、今回SECに提出したレポートによれば現状同社が取得したビットコインは売却しておらず、2021年9月30日時点での価値は約2,100億円(18.3億ドル)となっていると説明されている。

参考:Tesla 
images:iStocks/MikeMareen・LongQuattro
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した