米クラーケンが近日中に独自銀行立ち上げか=報道

米Krakenが独自銀行立ち上げ計画を明かす

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所のクラーケン(Kraken)が、独自の銀行を立ち上げる計画を進めているようだ。クラーケン最高法務責任者のマルコ・サントリ(Marco Santori)氏が、3月6日配信のThe Blockのポッドキャスト番組「The scoop」の中で明らかにした。

「The scoop」でサントリ氏は「クラーケンバンクは、近日中に立ち上げ予定だ」と述べ、具体的なことについては多くを語らなかった。

なおクラーケンは2月9日、クラーケン提供の暗号資産ステーキングサービスが証券登録せずサービス提供販売したとして、米SEC(米国証券取引委員会)から告発を受けている。

これを受けクラーケンは、暗号資産ステーキングサービスおよびステーキングプログラムの提供・販売を直ちに停止すること発表。また3000万ドル(約39億円)の遺棄金、予断利息、民事罰の支払いに合意している。

サントリ氏はSECとの和解についての詳細を語らなかったが、現在停止しているステーキングプログラムについて「ステーキングがKrakenの収益に占める割合は小さい」とし、大きな影響はないとコメントしている。

またサントリ氏は、クラーケンの銀行との関係は安全であり、「(クラーケンは)世界中の様々な銀行とのグループを有している」と強調した。しかし、「暗号資産セクターを取り巻く銀行取引への警戒が強まれば、同分野のイノベーションが妨げられる可能性がある」と警鐘を鳴らした。

クラーケンは暗号資産業界低迷の煽りを受け、苦境に立たされている。昨年11月には、市場低迷に対応するためとしてグローバルスタッフの30%にあたる約1100人を一時解雇(レイオフ)すると発表していた。 また、クラーケンは2023年1月31日をもって日本での暗号資産交換業を廃止し、日本からの撤退を発表している。

関連ニュース

参考:クラーケン銀行
デザイン:一本寿和

images:iStock/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も