「パンケーキスワップV3」が4月第1週にローンチへ、BNBチェーンで

パンケーキスワップv3がローンチ

大手DEX(分散型取引所)のパンケーキスワップ(PancakeSwap)が、同プロトコルの最新バージョン「パンケーキスワップV3(PancakeSwap V3)」のローンチ予定を3月4日に発表した。

パンケーキスワップによると「パンケーキスワップV3」のローンチは4月第1週を予定しているとのこと。BNBチェーンにデプロイされる予定だという。

また「パンケーキスワップV3」のローンチを記念したエアドロップイベントが現在開催されており、対象者には合計で13万5000ドル相当のCAKEトークンと限定のNFT(非代替性トークン)が配布されるという。なおCAKEトークンはパンケーキスワップのネイティブトークンだ。

このエアドロップイベントは2つのパートに分かれており、最初のパートでエアドロップを受け取れるのは、3月5日13:00(UTC)以前にパンケーキスワップV2に流動性提供を行い、それを4月3日12:00(UTC)まで維持しているユーザーのみとのこと。最初のパートのエアドロップ対象者は105,000ドル相当のCAKEの分配に参加できるのに加えて、「PancakeSwap V3 Legend NFT」とよばれるNFTが受け取れるという。

また2パート目のエアドロップは、3月5日13:00(UTC)から3月18日12:00(UTC)の間に新たに「マスターシェフv2(Masterchef v2)」のBUSD/WBNB、USDT/WBNB、BTCB/WBNB、またはETH/WBNBの流動性プールに流動性を提供し4月3日12:00 (UTC)まで維持する必要があるとのこと。該当ユーザーは30,000ドル相当のCAKEの分配に参加できるのに加え、「パンケーキスワップV3」のアーリーサポーターであることを証明するNFTが受け取れるとのことだ。

なお「マスターシェフv2」とは、パンケーキスワップの流動性プールをもつスマートコントラクトのことである。

パンケーキスワップは昨年にレイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」上にサービス展開することをパンケーキスワップコミュニティのガバナンス投票で可決されたのちリリースされている。

なお現在パンケーキスワップはV1の利用は推奨されていない、V2についてはBNBチェーンとイーサリアム、アプトスのブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/MarSpb20

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察