バイナンスラボ、DEX「パンケーキスワップ」に出資

バイナンスラボが「パンケーキスワップ」に出資

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタル部門バイナンス・ラボ(Binance Labs)が、分散型取引所(DEX)のパンケーキスワップ(PancakeSwap)へ戦略的投資を行ったことが6月6日分かった。

今回の投資はパンケーキスワップのユーティリティ及びガバナンストークンである$CAKE購入により行われたという。なお$CAKEを購入した額は明らかになっていない。

パンケーキスワップは、バイナンスの独自ブロックチェーン「BNB Chain」上に構築された分散型取引所。BEP20規格のトークンを自動マーケットメーカー(AMM)によりスワップできるプラットフォームだ。

今回の出資金は、web3変革のための技術開発やマーケティング、コミュニティサポート、企業向けソリューション提供に利用されるとのこと。

バイナンス・ラボは今月1日、新たに5億ドル(約650億円)のファンド組成したことを発表している。このファンドが投資するのは、web3やブロックチェーンに関する「インキュベーション」、「アーリーステージのベンチャー」、「レイトステージのベンチャー」とのこと。

アーリーステージのベンチャーの対象は、DeFi、NFT、GameFi、インフラなどweb3の全ての領域で、レイトステージのベンチャーはバイナンスエコシステムの戦略的パートナーとなれるような企業に投資していくという。

関連ニュース

バイナンス、約650億規模のweb3ファンド組成

バイナンスカストディ、機関投資家向けにエスクローサービス提供

バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例目

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスのフルライセンス取得

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/CYCLONEPROJECT・Abscent84・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored