バイナンスラボ、DEX「パンケーキスワップ」に出資

バイナンスラボが「パンケーキスワップ」に出資

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタル部門バイナンス・ラボ(Binance Labs)が、分散型取引所(DEX)のパンケーキスワップ(PancakeSwap)へ戦略的投資を行ったことが6月6日分かった。

今回の投資はパンケーキスワップのユーティリティ及びガバナンストークンである$CAKE購入により行われたという。なお$CAKEを購入した額は明らかになっていない。

パンケーキスワップは、バイナンスの独自ブロックチェーン「BNB Chain」上に構築された分散型取引所。BEP20規格のトークンを自動マーケットメーカー(AMM)によりスワップできるプラットフォームだ。

今回の出資金は、web3変革のための技術開発やマーケティング、コミュニティサポート、企業向けソリューション提供に利用されるとのこと。

バイナンス・ラボは今月1日、新たに5億ドル(約650億円)のファンド組成したことを発表している。このファンドが投資するのは、web3やブロックチェーンに関する「インキュベーション」、「アーリーステージのベンチャー」、「レイトステージのベンチャー」とのこと。

アーリーステージのベンチャーの対象は、DeFi、NFT、GameFi、インフラなどweb3の全ての領域で、レイトステージのベンチャーはバイナンスエコシステムの戦略的パートナーとなれるような企業に投資していくという。

関連ニュース

バイナンス、約650億規模のweb3ファンド組成

バイナンスカストディ、機関投資家向けにエスクローサービス提供

バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例目

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスのフルライセンス取得

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/CYCLONEPROJECT・Abscent84・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した